ウォッチのなんかそういうアレ

ウォッチって奴の、ゲーム系ブログです。エクバの記事多め

【マキオン・エクバ2新規勢向け】熟練度について知ろう!

どうも、ウォッチです。

マキオン、およびエクバ2では同一の機体を使い続けることによって機体熟練度が上がります。
複数の機体を使っていると熟練度がバラける反面、高い熟練度をアピールするには相応の使用回数が求められる、まさに職人勢向けなシステムです。

今回はそんな機体熟練度について書いていこうと思います。

乗れば乗るほど使い手アピールになるシステム『機体熟練度』

機体選択した時やマッチング画面で、なんか5つ星の羅列みたいなマークがありますよね?
あれこそ、今回解説する『機体熟練度』システムです。

無印エクバの時代から存在していたとは言われますが、明確にシステムとして登場し始めたのはフルブの時代からで、マキブで熟練度MAXに必要な使用回数が緩和され、マキオンから上限が増え、エクバ2では更に上限が増えなんとMASTERが出現しました。

最大熟練度への道のり

まず、一度も使用していない機体の熟練度は星0、一度でも使うと星1になります。
その後、使用回数に応じてどんどん星の数が増えていき、
マキオンは最大で星15、エクバ2はMASTER(星21)となっています。

マキオンでは星15にするのに3000戦
エクバ2ではMASTERにするのに6000戦
・・・すごく莫大な使用回数を求められます。5割ぴったり勝てる人でも最高3000コイン(30万円)は使っている計算になりますね。金持ちの道楽みたいなところがあります。

この熟練度が一定値にたどり着くことで、VSモバイルで使えるカスタマイズアイテムを入手できますが、有料会員登録することで実際に使用することができるものが多いです。

家庭用マキオンではVSモバイル関連の要素がないので、どれだけ熟練度を上げたかでアンロックされていく方式となります。ちなみにゲーム内通貨のGPが必要になるのはAC版も家庭用も同じなので、この辺は特に語らなくていいでしょう。

熟練度と階級の差がプレイヤースキルを表す?

よく言われている話として、「階級不相応の高熟練度だったら地雷」というのがあります。

例えば、エクバ2において中尉5で熟練度が星18(4000戦)だったりすると、少なくとも4000戦やっているのに関わらず中尉5で止まっているということは、勝率がかなり低い可能性があると判断されてしまう場合があります。
逆に、中佐5で星4(100戦)の場合は、最近乗り始めたばっかりでも、この階級帯までくれば基本何乗っても強い人が多いということで全く考慮されません。

そういう点から、一番自分に合う機体の熟練度が高くなるのが自然なこのゲームにおいて、階級不相応の高熟練度はかなり警戒されやすいです。

エクバ2だと警戒されてしまう所以とは?

上述したように、戦闘回数だけ重ねていて勝率が低いプレイヤーと判断されてしまうからです。5000戦もやってるのに勝率30%~40%代で階級も大尉1~3となれば「うわぁ・・・」となるプレイヤーが多いのがこのエクバというゲームです。

AC版をいっぱい遊んでいるプレイヤーなら、誰しも100円の元は取りたいと考えるものです。100円がかかっている以上、一回で負けてしまうわけにはいかず、少なくとも1勝以上はしたくなるものです。これに関してはゲーセン最盛期の時点でそんなもんだったので仕方ないです。100円で長い時間遊び、元を取るためには勝ち続ける必要があります。
そうなると、やはり弱い味方が隣に来るのは嫌だという感情が芽生えてきます。となると、負けたら相方が悪いという良からぬ考えを持ち始め、相方に煽り散らかすプレイヤーが誕生します。

一時期、銅プレで階級MASTERはヤバイという言説が広まったように、高い熟練度をアピールするのに必要な使用回数がすごく多くなったエクバ2では、とりわけ階級不相応の高熟練度は地雷かもしれないという警戒信号と化してしまっているのです。

家庭用マキオンだとどうなの?

プレイヤーマッチとランクマッチの区分け、そして戦績保存なしでも熟練度は上げられるシステムとなっている家庭用マキオンでは、極端な話になりますが民間人なのに星15の使い手が出現することだってありえます。

この影響で、たとえ星15(3000戦)で大尉だった・・・とかでもプレイヤーマッチで乗りまくったから熟練度が勝手にそうなってしまったという事になりますし、ひょっとしたらランクマッチを全然やってないだけで、拾は金プレ並の機体操作テクニックを有する職人プレイヤーであったりする可能性もあるわけです。

そうなると、階級不相応の高熟練度でもプレイヤーマッチで腕を鍛えたプレイヤーなのかもしれないという考えがよぎり、そもそも100円かかってない以上かなり余裕の心持ちで遊べるので、わざわざ警戒する必要性もほとんどなくなります。

それに、高階級帯のランクマッチなら、熟練度の高い乗りこなされた機体か、何乗っても強い人が乗る低熟練度の機体かのどちらかになることが多くなるので、エクバ2同様に警戒する意味も薄れてきます。

なお、ランクマッチでは機体ポイントという機体をランクマッチ特有の機体使用数的なポイントが導入されているのが家庭用フルブからの慣習なので、高熟練度なのに機体ポイントが低い=プレイヤーマッチで乗りまくってるという証明になってしまう場合があります。

AC版と家庭用で変わってしまった熟練度の立ち位置

ということで、機体熟練度に関する話でした。
AC版と家庭用とでゲームシステムが異なる関係上、高い熟練度を有することによって生じるメリット・デメリットに大きな違いが出てしまっています。

それでも、熟練度の高さをあまり気にしていないプレイヤーも多いので、
好きな機体をとことん使い込んでいきましょう!

特に家庭用マキオンはプレイヤーマッチとランクマッチと分かれている影響で熟練度が本当にその機体を使いまくってるだけという意味合いになることが多くなります。
1機体の熟練度を高めて使い手アピールするもよし、複数の機体の熟練度を上げてマルチプレイヤーなのを証明するもよし、お好みの遊び方をしましょう!