ウォッチのなんかそういうアレ

ウォッチって奴の、ゲーム系ブログです。エクバの記事多め

【マキオン勢向け】エクバ2の練習にならない機体セレクション【Hi-νガンダム編】

どうも、ウォッチです。

エクバ2勢の知り合いがマキオンの先行体験会で初めてHi-νガンダムを触った時の感想を聞いてみたところ、こんな言葉が返ってきました。

「エクバ2と全然違う。練習にならない」

というわけで、今回はマキオン→エクバ2に際して、変更点貰いすぎて別物化した機体その1、Hi-νガンダムのついて、マキオン→エクバ2の変更点をメインに書いていきたいと思います。

変更点その1:射撃CS

マキオン:ビーム・ライフル【最大出力】

νガンダムの射撃CSと同じ、単発120の単発ダウン射撃です。
着地取り、迎撃、格闘コンボの底上げと使う場面はνガンダム同様にかなり多く、射撃CS→後格闘、共振中特格の足掻きルートも完備。
後格闘→射撃CSで銃口補正を押し付ける攻めもできたりします。

エクバ2:腕部マシンガン

右腕から弾の小さいマシンガンを10連射する移動撃ち武装になりました。
連射速度が早く誘導も並ですが、3ヒット強よろけなので距離次第でBD格闘が間に合います。
何より恐ろしいのが、射撃CSで移動撃ちできる関係上、あらゆる動きから降りテクができるという点です。
後述する横特→射撃CS、横サブ→射撃CSを筆頭にどこからでも降りてくるので、なかなか着地が取れなくなる強ムーブ要員です。

総じて、マキオンよりも立ち回り補強という観点ではめちゃくちゃ強力な武装変更を受けました。
その代わり、脱ダウン力が下がり、咄嗟にダウンを取れなくなった弱体化もあります。それを補えるレベルでイカれた射撃CSになってると言えばその通りですが・・・。

変更点その2:サブ射撃

マキオン:フィン・ファンネル【展開】/【射出】

レバーNでファンネルを1機ずつ展開・停滞。レバー入力でファンネルを1機ずつ射出します。
νガンダムと同じです。共振中は二段追尾になり、ビームの発射数も2発に増えます。共振中は24発に増えるのでガンガン撃っても問題ありません。
慣性は乗るものの、足を止めるのが欠点でしょう。

エクバ2:ニュー・ハイパー・バズーカ【連射】/【移動撃ち】

初期はマキオンと同じファンネルで、バズーカ自体は格闘CSでしたが、武装変更アプデでサブにお引っ越ししました。
引っ越しに際して、1入力で3連射するNサブと、移動しながら3射するレバーサブになりました。
Nサブは弾幕形成で暇な時に使うくらいですが、横サブはすごく強いです。移動しながら撃つ関係上、格闘迎撃にもってこいで、3発目で再誘導がかかるので、途中で誘導を切られようが3発目がしっかり誘導してくれます。ちなみに後述する横特へのキャンセルルートを持っている点がやたら強いです。横サブ→横特→射撃CSのキャンセル降りテクが雑に強い。

総じて、Hi-νガンダムの攻めと守りを両立させた強力な武装になりました。
横サブの挙動「横スピン移動で水平移動→月面宙返りで斜め上に跳躍→更に横スピン移動。各動作の末端でバズーカ発射」を見ると、すごくカッコいいです。対面してる側からすればふざけんなってなりますが。

変更点その3:格闘CS

エクバ2:フィン・ファンネル【展開】/【射出】

サブが格闘CSにお引っ越しになりました。エクバ2のレジェンド同様に、1入力で全機展開、射出になりました。
格闘CSに移行したおかげで、弾数を気にせずファンネルを撒けるようになったのは嫌がらせレベルで強いです。
ただ、貯める関係上、格闘ボタンが拘束されることになるので、常時溜めっぱなしはやめましょう。
封印するのは論外なので、ある程度距離がある時にホールドし、格闘CSを随時射出していくのが基本になります。

変更点その4:特殊射撃

マキオン:ニュー・ハイパー・バズーカ

足を止めてバズーカを発射します。ボタンホールドか連打で3連射します。
この時点でバズーカとしての性能は優秀な水準で、これが1ボタン入力で3連射という形でエクバ2のNサブになりました。

エクバ2:ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー

今まで覚醒技でぶっ放し、バーサスで格闘CSにあったゲロビが特射になりました。
その性能はめちゃくちゃの一言で、強力な銃口補正に加えて、速い分類の弾速、ダメージも生当てフルヒット238と高水準。おまけに爆風付きと、強いゲロビの強い部分をこれでもかと取り付けたインチキ武装です。
強いて言えばダメージ確定が遅い以外に弱いところがないの一言で、至近距離なら適当に撃つだけでも横ブーストに食らいつく異様な性能を発揮します。
覚醒中はなんとこれが2発に増え、覚醒リロードと覚醒技を合わせると4発連続でゲロビをぶっ放すことができます。

総じて、Hi-νガンダムの一番強力な武装になった特射は、対面側にとっては悪夢のような武装に仕上がっています。
マキオンとの違いとして、やはりコンスタントに大ダメージを取れる射撃武装が増えたのは大きいです。

変更点その5:格闘関連

マキオン→エクバ2に際して、N格闘、横格闘、後格闘、BD格闘、特格に何らかの変更があります。

N格闘は袈裟斬り→横薙ぎ→突きにモーションが変わり、初段に出の遅い射撃ガード判定があるものに。
横格闘は横薙ぎ→突き→斬り抜けにモーションが変わり、優れた初段性能と受け身不可かつ大きく動く最終段が強力な格闘に。
後格闘はアムロ系機体初のプレッシャーになり、範囲・発生全てにおいてトップの性能を誇る強力な自衛武装に。
BD格闘は後派生が追加。武装変更前の横格闘、逆袈裟→蹴り上げ→ハンマーナックルを繰り出す高火力格闘が増えました。
特格は性能そのものが変更。N特格は旧後格闘から旧N格闘の2段目以降に繋がる飛び込み斬り→横薙ぎ→唐竹割りに変更。射撃派生がマキブまでの腕部マシンガンになりました。
横特格は新規格闘から旧横格闘2段目以降に繋がる斬り抜け→突き上げ→蹴り飛ばしが追加。旧後格闘射撃派生のビームライフルは横特格射撃派生になりました。

変更点その6:サイコ・フレームの共振

マキオンまでは特格か覚醒で発動していたサイコ・フレームの共振ですが、エクバ2では覚醒時限定になりました。
このため、非覚醒状態で二段追尾ファンネルや、反撃ファンネルを繰り出すことができなくなりました。
また、格闘CSを展開中に覚醒しても共振仕様にはならず、覚醒してから格闘CSを発動しないと共振仕様になりません。ファンネルがオーラをまとってるかどうかで確認できます。

総評:ほぼ全部変わって、超強くなった

というわけで、Hi-νガンダム武装コマンドや武装性能がマキオン→エクバ2で色々変わりまくりました。
これでもエクバ2初期はBラン中堅程度の性能だったのですが、武装変更を受けたことで強い武装の追加と基礎性能の底上げを受け、見事最強機体になりました。
現在も下方修正を1回受けてるのにコスト3000の中では一番強いと言われています。

立ち回りもすごく変化しており、今までと違って能動的に攻めに行き、近接戦で強力な武装を押し付けるのがメインの立ち回りに変化しています。
今までνガンダムのマイナーチェンジ版みたいな性能でしたが、エクバ2では射線維持しながらの自衛が得意なνガンダム、押せ押せで攻めるのが得意なHi-νガンダムとちゃんとした差別化が図られています。

こんな感じに、マキオンとエクバ2で使用感が全く異なっていて、エクバ2の練習にならない!ってなる機体がマキオンにはチラホラいます。
エクバ2で慣れすぎてる人ほど、マキオンで違いすぎてビックリすると思います。
これからマキオンを遊ぶ予定の既存プレイヤー、エクバ2でHi-νガンダムを使うからマキオンで練習しよう!と思った新規プレイヤーの皆さんは注意しましょう!